季節:

モンサンミッシェルは毎年120万人以上の訪問者を歓迎しています。 非常に小さなスペースで、最大18,000人の人々が毎日集まります。 なので、できれば混み合う時間を避けましょう。

7月、特に8月が最も混みます。 その他、フランスの学校の休暇期間、数多くあるフランスの祝日で長い週末(イースター、アセンション、ペンテコステ)が挙げられます。

こちらは季節のチャート

気候:

チャンネル海の端の地理的位置とその起伏により、モンサンミッシェルは全方面から風にさらされて、特に9月から4月中旬までは風や頻繁な雨から身を守る服をお勧めします。
7月と8月の間、猛暑の日々があることもがあります。太陽から身を守ることを忘れないでください。 モンサンミッシェルを訪れる最も快適な時期は、4月中旬から6月末、9月中です。

天気ライブ中継

アクセス:

モンサンミッシェルのふもとに到達するには、徒歩で往復数百メートルの距離、その後約80メートルの高度にある修道院まで350段の階段を上る必要があります。 帰りも同じく全て徒歩なので(エレベーターはありません)健康上の懸念がある人々にはアクセスすることが難しくなります。 特に車椅子の人には修道院へのアクセスが非常に困難です(詳しくはHandibaieにご相談下さい)。前日は良くお休みになって、歩きやすい靴、軽食、飲み物などを用意することをおすすめします。

その他

  • モンサンミッシェルで宿泊することが可能ならば、日の出や夜にモンサンミッシェルを見に行くことをお勧めします。静かでロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

  • 7月と8月の間、夜のセノグラフェーショーで修道院を幻想的な角度から再発見できます。

  • モンサンミッシェルでの潮の満ち引きは、とても美しい自然の光景で見に行くには価値があります。 潮汐率が110を超える時にはモンサンミッシェルは島になり、満潮の少なくとも2時間前に到着する必要があります。 

潮見表をご覧ください